かぐらむら

Top > 小さなライブ空間 > (02)
今月の特集小さなライブ空間が花ざかり

小さなライブ空間

ツバかぶりのライブ空間

茶館 パレアナ

photo 神楽坂上の交差点で信号待ちをしていると目に入ってくる看板がある。「つかれていても 誰かと話すと元気が… コーヒーの香りの中なら 尚よろしいかと 交番ウラ 茶館パレアナ」 お天気や季節へのひとことなどが日替わりで黒板に書いてある。心の隙間にすっと入ってくる手紙のようなそのことばにひかれて、仕事をサボり、ひきこまれるように立ち寄ってしまった人は少なくないはず。

 店主の、いや館主の浅野比呂實さんは、神楽坂在住。オープン時からしたいことがあった。それは、コーヒーを出すだけでなく、文化的な街、ここ神楽坂で情報発信し、受信をしたいということだった。
 「パレアナ」では、月に1回イベントを開催。3月には、若手実力派による落語のイベントが行われた。洋風の店内にちゃぶ台を出し、赤い布をかけ、落語用の座布団を敷く、客席と座の距離は1メートルもない。「相撲なら砂かぶり席で、これだとツバかぶり席ですね(笑)」と浅野さん。

photo 心のこもったコーヒーや緑茶、手作りのケーキ(パレアナケーキは絶品)と共に質のよいアートが楽しめる空間。こんなイベントやってほしい、こんなことしたい、などの提案、相談は大歓迎とのこと。(庄)