かぐらむら

Top > 描くということ > (03)
今月の特集神楽坂大学 第2回

描くということ

陶芸教室でおなじみ 神楽坂カルチャーサロン絵画教室

神楽坂カルチャーサロン絵画教室

ふだんは陶芸教室でにぎわっている教室を使って、'02年の5月からスタート。講師の樋口広一郎先生は、芸大出身で、水彩から油彩、日本画、絵手紙まで教えてくれます。

生徒は、小学2年生から78歳の大先輩までで現在15名。親子で受講して、子供は水彩、お母さんは油彩をなんて風景も見られる和気あいあいの教室。陶芸教室は50人の受講生がいて、秋には合同の作品展も開催予定。将来、書道教室もスタートします。

●受講日
毎月2回(第1・3日曜日)午前の部は10時〜12時30分。午後の部は13時30分〜16時。
●教室
新宿区神楽坂2‐21
TEL.03・3235・2793