かぐらむら

Top > 踊りの教室 > (00)
今月の特集大切な身体は、動かしてはじめて目覚めるにちがいない

踊りの教室

ハワイの心を踊ろう

フラダンス「アロヒマカ・フラダンス・クラブ」

photo「曲の意味を手の動きで表現し、歌いながらステップを踏み、ハワイの海と空の青さとハワイアンの愛を感じながら踊ると、幸せな気分になりますよ」とキラキラした瞳で語る富永先生は、ハワイ語で「アロヒ」(輝き)「マカ」(瞳)というフラネームをもつ。ウクレレやギターのゆるやかな音色に合わせて微笑みをうかべて踊る愛に満ちた動きが主流だが、「く」の字型に腰を落とし、ベタ足で体重移動する基本の姿勢は、一時間も続けるとしっかり汗をかくほどハードだ。だが慣れてくるのに従い、姿勢が良くなり、胃腸も活性化され、体調や血流が良くなってくるという。練習も段々と「人に見せる快感」に変わり、年に2回開催される発表会が待ち遠しくなってくるはず。



photoアロヒマカ・フラダンス・クラブ
●主宰
富永幸子
●受講日
毎週水曜/19時〜20時・20時〜21時
●教室場所
牛込箪笥町区民センター(バラB)
●TEL
03-3260-5502