かぐらむら

Top > 猫も歩けば、春風にあたる > (02)
今月の特集神楽坂から隣り町への散歩

猫も歩けば、春風にあたる

「ながらもの想い」で春うらら

Cルート(中町から外濠へ)

photoつぼみがはじけ、新緑が芽吹きはじめるのを見ると、少しもの想いをしたいような、モヤモヤ、フワフワした気分になることはありませんか?そんな時は、快適なもの想いのお供を調達しに、まず図書館へ行ってみるのはどうでしょう。借りた本をかかえたら、春爛漫のお濠方面に足を伸ばしてみましょう。その道の途中には、眺めの良い公共のベンチや、オープンカフェのチェアー、はたまた小船のシートが今日のご主人様を待ち受けています。

イラストマップ上の(1)〜(6)のお散歩スポットは、お気に入りのシート(公共ベンチなど)のある場所です。どのベンチやシートを選ぶかは、その日の気分次第。腰を落ち着けたら、借りてきた本を膝に、指先でページをめくりながら、またはペンを走らせながら、パソコンのキーをたたきながら、編物をしながら、うたた寝しながら、などなど。何かをしながら、もの想いにふける絶好のスポット。私にとっては頭の中を一旦春色に染め、リセットして再スタートするのに、お薦めのコースです。

ほほで日差しの優しさを、鼻で桜の甘酸っぱさを、まぶたで水面のきらめきを、耳で電車や風の音を、全身で色んな春を感じているうちに、きっと頭の中があなただけの春色に染まることでしょう。その色は桜の薄いピンク色かもしれないし、または空の水色か、お濠端の優しい緑色か、水面のキラキラした色か、電車のオレンジ色か、あるいは一色におさまらず、春色レインボーで賑やかになるかもしれません。帰る頃にはもの想いが明日への活力に変わっているといいですね。(T)

イラストマップ上のポイントのお問い合わせ先
●中町図書館【TEL】03・3267・3121
●カナルカフェ【TEL】03・3260・8068