かぐらむら

Top > 猫も歩けば、春風にあたる > (03)
今月の特集神楽坂から隣り町への散歩

猫も歩けば、春風にあたる

朝の小さなお楽しみ通勤路

Dルート(江戸川橋から神楽坂へ)

photo四方八方から神楽坂へと到達する道は、いろいろとあるのだけれど、私が選んだ通勤路は、地下鉄有楽町線江戸川橋駅4番出口から始まる。飯田橋で降りた方が当然近いのだが、朝の気分を大切にしたいので、毎朝遠回りしてもこの道を選んでいる。

理由は、変化に富んでいること、脚力の鍛練になること、神聖な澄んだ空気に触れられること、元気のもと・豆乳がいいタイミングで飲めることである。

途中、鉢の中のメダカを覗いたり、靴修理屋さんが飼うメジロのさえずりを聞いたりできるのも、このルートの小さな楽しみだ。不思議なものもある。地球映像ネットワーク前の馬のたずなを掛ける鉄輪だ。時々、この鉄輪の下に小さな馬の人形がおいてあることもある。初めてマッチ箱サイズの馬を見つけた時は、目が点になってしまった。異次元空間の奈落に落ちて行くような錯角におそわれる。気を取り直して坂を昇る。赤城神社の裏の階段は急峻だけど、昇りきってからの視界は格別だ。そして少し汗ばんだ頃に、山本とうふ店の豆乳にありつける。ありがたいことだ。1杯百円。新鮮で濃いこの一杯は、一日の体調を整えてくれる大切な活力源だ。今日も、しっかり仕事しなきゃ!(N)

イラストマップ上のポイントのお問い合わせ先
●地球映像ネットワーク【TEL】03・5261・9907
●山本とうふ店【TEL】03・3260・8697