かぐらむら

Top > わが愛しの神楽坂スイーツ > (01)
今月の特集甘美な時間と空間と

わが愛しの神楽坂スイーツ

わが愛しの神楽坂スイーツ−その2

ムギマル2/カトリーヌ・ドゥ・メディチ

photoムギマル2「マンヂウ」

皮と餡の組み合わせが楽しい

スイーツのメニューはまんじゅうのみだが、レパートリーは豊富で、ヨモギ地にあんチーズ、ウグイスあん、黒蜜地にツブあん…とどれにしようか迷ってしまうほど。今回は「ヨモギ地にチーズ」と「紅茶まん」を注文。生地はしっかりとしていて、どちらにも練り込まれた葉の香りが口に広がっていく。店舗の2階は靴を脱いでくつろげる畳のお部屋が。なぜかBeer & Wineもメニューにあるのが不思議だ。今行けば、季節限定のまんじゅうに出会えるかも!?

【住所】東京都新宿区神楽坂5-20
【TEL】03-5228-6393
【営業時間】12時〜21時
【定休日】水曜
【URL】http://www.mugimaru2.com/

photophotoカトリーヌ・ドゥ・メディチ
「タルト・タタン」「クリームキャラメリーゼ」


職人の手による芸術的な味の演出

「ケーキ専門店で作り手の心を感じながら、おいしくゆったりとした気分で味わって欲しい」……そんな熱い気持ちが、赤を基調としたこだわりの調度品や食器(夏は清涼感をだすため緑に替わる)にいたるまでさりげなく現れている。
厳選された素材を最大限に活かし、まさに職人の腕といったケーキ、チョコレートはどれも本当においしそうだ。店内で味わうとなると、どれを選ぼうか悩んでしまうのだが、やはり「タルト・タタン」と「クリームキャラメリーゼ(プリン)」だろうか。職人の手によって、ほどよく温められたタルト・タタンは、他の店と違い、さすがに香りも味も豊かでおいしい。現在、カップ・オン・カップの形態での持ち帰り可能となったプリンは、皿を舐め尽くしたい欲望にかられるソースとともに素敵な器に美しく盛り付けられる。
音楽が聞こえていないのにまるでコンサートや美術館にでも行ったような、芸術に触れるような気分になるアートな空間と味である。

【住所】東京都新宿区矢来町115
【TEL】03-3267-7345
【営業時間】10時〜21時
【定休日】第1・2・3水曜
【URL】http://www.kaguramura.jp/shop/1076399753.html