かぐらむら

Top > おいでよ子どもたち! > (02)
今月の特集子どもが神楽坂で楽しめる催し

おいでよ子どもたち!

素材に触れ、モノを作る楽しさを感じよう!

親子で楽しむ陶芸教室/ミツロウ体験倶楽部

photo土に触れ、自由に作る楽しさ 親子で楽しむお稽古

陶芸教室オーナーの木村富美子さんは茶道のお稽古をしているうちに、自らもお茶碗を作ってみたくなり、10年前に空きスペースを利用して陶芸の師を招いた。夏休みに子ども教室を開き、粘土を自由にいじらせたところ、大人の想像を絶する、素晴しい作品を作った子どもに出会えたという。「大人がいかに渋く、カッコ良い作品を作ろうと努力するのに比べて、子どもたちは自由にちぎったり、くっつけたり、自分の夢を創造していきます」と優しい笑顔で語る。仕事や塾で忙しい大人も子どもも、都会の殺伐とした中から抜け出して、土に触れ、何もないところから形を作る楽しみ、喜びを味わい、創造力を育てる時間を持つこともとても貴重なことと思える。

親子で楽しむ陶芸教室
【日時】5月6日(土)11時〜12時
【対象】小学生から高校生まで
【費用】500円〜(実費)
【場所】神楽坂カルチャーサロン陶芸教室
【TEL】03-3235-2793

photo時間を忘れてモノ作りに夢中! オリジナルのミツロウキャンドルを体験

「発信する側が責任を持った商品を送り届けたい」神楽坂ピービーズはオーガニックにこだわった蜂蜜専門店。そこではミツロウを使ったキャンドル作りが好評だ。粘土状になった温かいミツロウを手で掴み、形作るという動作はリハビリ効果を生み出すと福祉施設でも評判になっているという。「モノ作りに夢中になっている子どもたちの様子に興味がひかれますね」とピービーズの嶋村さん。次第に固まっていくミツロウの状態に集中し、次第にその場は緊張感でいっぱいになる。親からのアドバイスを受け入れるよりも、自分が想像するままに、自由気ままに作りたいという意識が高く、主張がはっきりしているという。子どもは“時間をかけ、自分が納得したものを作る”ということを大いに楽しんでいるようだ。「どんな形でもいい、失敗してもいい、そこから覚えるということをたくさん体験させて欲しいですね」。大人も子どももオリジナリティあふれるモノ作りに夢中になる。そんな時にはうってつけの場所といえそうだ。

ミツロウ体験倶楽部
【時間】10時〜16時の間、約40分(予約制)
【費用】大人2,200円、子供(幼児〜小学生)1,000円、大人・子供セット2,500円
【場所】神楽坂ピービーズ
【TEL】03-3235-7858
【URL】http://pbees.jp/
※蜂蜜ドリンクまたは蜂蜜アイスなどメニューから1品付きます。