かぐらむら

Top > 粋な大人のための神楽坂検定問題[かぐらむら版]全50問 > (01)
今月の特集これが解けなきゃ今年は越せない!

粋な大人のための神楽坂検定問題[かぐらむら版]全50問

中級編

少し難しくなるよ。まだまだ続く!

photo15[芸能/文化]
大正6年5月12日横寺町の「芸術倶楽部」で開催された音楽会。そこで初めて発表された甘美で哀愁にみちたメロディーとは?
a.カチューシャ  b.宵待ち草  c.荒城の月
答b
大正6年「芸術倶楽部」で開かれた音楽祭で演奏されたのは「宵待ち草」。

16[芸能/文化]
神楽坂のランドマークとなりつつある、アユミギャラリーの前庭にあるツリーハウス。今年(2006年)で何代目?
a.2代目  b.6代目  c.4代目
答c
アユミギャラリーの前庭につくられた昨年のツリーハウスは、4代目。

17[芸能/文化]
神楽坂通りにはためく、えんじ色の「神楽坂」の旗。そのロゴ(文字)をデザインしたのはだれ?
a.平野甲賀  b.松永真  c.東京理科大学書道部
答a
神楽坂通りにはためくエンジ色の旗にデザインされた文字は、平野甲賀さん作。

18[芸能/文化]
神楽坂の夏を彩る阿波踊り。数多くの連が参加出場しますが、いまだ参加出場したことのない連は?
a.天狗連  b.おかめ連  c.ひょっとこ連
答b
毎年阿波踊りに、天狗連もひょっとこ連も参加しているので、答えはおかめ連。

19[歴史/地理]
神楽坂の坂下には、荷物を満載した荷車を押して賃金をもらうのを職業にした人が、いつも2、3人いたという。その人たちの呼び名は?
a.押しんぼ  b.たちんぼ  c.かつぎや
答b
神楽坂は急だったので荷車を押すのを専門にした人がいて、立ちんぼと呼ばれた。

20[名店/味覚]
牛込北町交差点付近にある「キイトス茶房」に実際ある裏メニューは?
a.アディダス丼  b.新潮社丼  c.旺文社丼
答a
シューズに入っている三本線をのりで表したアディダス丼というのがある。

21[名店/味覚]
昭和の大恐慌時代に、履物の老舗「助六」が開発した新商品は?
a.地下足袋  b.セルロイドの雪駄  c.エナメルの草履
答c
エナメルの草履が正解。当時は、大いにヒットしたという。

22[歴史/地理]
神楽坂は、坂の街。神社にも石段がつきもの。赤城神社の石段は30段、では筑土八幡の石段の数は?
a. 20段  b. 50段  c. 90段
答b
実際に筑土八幡さまの石段を数える人が出たらしいけど、答えは50段。

23[名店/味覚]
いつも着物姿で接客される器の店「うす沢」。その女主人が着物を着ない日は、1年間に何日ある?
a.ない  b.3日  c.3週間
答c
夏に軽井沢へ出店する期間の約3週間、うす沢さんは着物を着ない。

24[芸能/文化]
さまざまな芸術家や文化人が住んだ神楽坂。下記の3人のうち地元生まれの作家はだれ?
a.色川武大  b.村上春樹  c.池波正太郎
答a
答えは、色川武大さん。もう一つのペンネームは、阿佐田哲也で矢来町に住んだ。

25[芸能/文化]
2005年岩戸町に越してきた劇団黒テント。「黒テント」という名称になったのはいつのこと?
a.1960年  b.1970年  c.1980年
答b
黒テントの前身は「演劇センター68」。71年に「黒色テント68/71」。そして90年に「黒テント」と改名。90年という選択肢を出さなかったのは出題ミスでした。ゴメンナサイ。

26[芸能/文化]
軽子坂の名画座「ギンレイホール」。便利なシネパスポート1枚で1年間に約何作品の映画が観られる?
a.30作品  b.50作品  c.90作品
答b
ギンレイの年間上映作品数は、年によって差があるが、50作品から54作品程度。

27[歴史/地理]
神楽坂ブームを切り開いた立壁正子氏編集のタウン誌『ここは牛込、神楽坂』。その最終号は何号?
a.9号  b.18号  c.23号
答b
「ここは牛込、神楽坂」の最終号は18号。編集長の逝去で惜しまれつつ廃刊。

28[名店/味覚]
少女のイラストが看板の喫茶「パレアナ」。そのメニューによく使われている外国語は?
a.フランス語  b.スワヒリ語  c.インドネシア語
答c
パレアナのオーナー浅野さんは、インドネシアに住んだことがあるため、メニューに使われている。

29[芸能/文化]
筑土八幡境内にある「田村虎蔵先生の顕彰碑」。この田村虎蔵なる人物は、何をしていた人なのか?
a.作家  b.作曲家  c.画家
答b
筑土八幡境内にある顕彰碑田村虎蔵さんは「牛若丸」「金太郎」などの曲を作った作曲家。

30[芸能/文化]
「マドモアゼルシネマ」などで知られるダンススタジオ「セッションハウス」。観客を巻き込む企画の名称は?
a.イチゴ企画  b.リンゴ企画  c.バナナ企画
答b
ダンスが終わった後に観客にダンスの価値を決めてもらう企画は「リンゴ企画」。

31[芸能/文化]
毘沙門天前で月1回開かれる朝市「んでがんす市」。その特産品の産地山形県櫛引町が、最近映画のロケ地になった、その映画とは?
a.「武士の一分」  b.「たそがれ清兵衛」  c.「座頭市」
答b
朝市「んでがんす市」は山形、藤沢周平のふるさとで「たそがれ清兵衛」。

32[名店/味覚]
朝の豆乳立ち飲みでご紹介した、神楽坂6丁目の「山本とうふ店」。1杯立ち飲みの代金はいくら?
a.100円  b.150円  c.200円
答a
冬も朝も、通勤前に山本とうふ店で立ち飲みする人がいる。一杯百円。