かぐらむら

Top > あなたなら、どこへ案内しますか? > (03)
今月の特集極私的神楽坂まち案内2007

あなたなら、どこへ案内しますか?

秋の夜長にぴったりの酒器を母とさがして

 

photo母は江戸っ子なのに都心に疎い、いわゆる東京の田舎者なので、必ず駅で待ち合わせ。今日はどこに行こう? 並ぶのが嫌いな人だから、早目の昼食からスタートするのも手だ。本多横町の蕎麦屋「まろうど」はおいしかったね〜。でも、たまにはスペイン料理もOKかな。

歩きはじめてからひらめいた。「そうだ!今日は器を探そう」日本酒好きな母と私には、秋の夜長にぴったりな酒器がいい。神楽坂は、面白い器やさんが多いから。ざっと思いついたところをあげれば、「陶柿園」「丸岡陶園」「うつわや釉」「うす沢」「ラ・ロンダジル」などなど。坂を上り下り、路地を抜け、器をさがして、いつの間にか日が暮れた。

photo店内で寛ぎすぎたせいか? 時間を忘れてしまった。健脚自慢の母も、すこしは足が疲れたようだ。そこでアグネスのティーラウンジへ。ソファに身体を預け至福を味わう。アフタヌーンティーセットもあるし、もちろんお茶だけでも優雅な気分になれること請け合いだ。さてと、夕闇せまり、今日のおみやげは何がいいか? 母を喜ばせたのは、「紀の善」の豆かん♪ スーパー神楽坂KIMURAYAの今日のお勧め総菜は、なんだろう♪ 帰って、夕飯の支度をしなきゃね、今日は手伝うよ。(香)
(写真上/うす沢のそば猪口展、写真下/山下漆器店)