かぐらむら

Top > あなたなら、どこへ案内しますか? > (05)
今月の特集極私的神楽坂まち案内2007

あなたなら、どこへ案内しますか?

秋こそ、和のライブがおすすめです!

 

photo神楽坂案内のベストシーズンは? と聞かれたら、私は迷わずに秋と答える。その理由は、「神楽坂まち飛びフェスタ」があるから。この期間には、神楽坂らしいイベントが盛りだくさんだ。今年の例でいえば、96ものイベントが、約2週間の間にびっしりと詰まっている。落語、講談、小唄、常磐津、投扇興と東八拳、お座敷遊び体験講座など、普段あまり縁のない和のライブが充実している。

私は、花柳界を知らないという職場のS子先輩を、案内することにした。その一番の楽しみは、見番で行われる「お座敷遊び入門講座」だ。S子先輩は、見番をそもそも知らなかった。「それって、銭湯の番台のようなところでしょ」と言われ、私は思わずのけぞってしまった。でも、無理もないか。そこで私は、なにがなんでも、「お座敷入門講座」に先輩を連れていくつもりだ。私だって、置屋とか、玉代とか聞かれたらちゃんとこたえられないけど、先輩よりかは詳しい。この講座のチケットは、いつも即日完売ときいているので、ちょっと心配だがなんとかなるだろう。

photoいよいよ今年もまち飛びフェスタが近づいてきた。私は伝統のジャンルから、おすすめイベントをピックアップしてS子先輩にメールで送ってあげた。返事は「ぜ〜んぶ行くから、よろしくね!」だった。しかも、昼間のイベントについては、「大丈夫! 私会社、早退してでも行くからね」と付け加えられてあった。同じ職場なのに、何を考えているのか。迷ったあげく、私はもちろんつきあいきれないから、「一人で参加してね!」と突き放してやった。(森)