かぐらむら

Top > 神楽坂 手仕事の現場から > (04)
今月の特集手づくりの心意気を神楽坂で感じてみる

神楽坂 手仕事の現場から

極上の嗜好品にかしずいて

La La Lou[ララルー]

photo計算を重ねた裁断と理知的な繊維、安価で優秀な縫製工場のおかげで、日本女性は、重力からの解放を目指したブラジャーを始め、様々な機能や色や形を備えたランジェリーを廉価に手に入れられるようになった。

どんな品でも国内と海外の差があるように、ランジェリーにもその差は存在する。国内ブランドが到達し得ない、端正で優雅な世界をインポートランジェリーは紡ぎだす。華やかでありながらも憂いをたたえた色味のシルク、工芸品の名も相応しい優美なレース、艶めいた気分を誘いだす肌触り。値の張るものだが、この世界に魅せられた人は少なくない。

photo日本人がインポートランジェリーをまとう場合、体格や体質の差を埋める調整や補強がときに必要となり、長い期間楽しむ場合には修繕も必要となる。昨年六月、白銀町にセレクトショップ「ララルー」をオープンさせた北川さんは、ランジェリーの直しの仕事をして三十年になる。一番気を使う作業はレースの繕い。写真のように綻んだレースを細やかな手作業で仕上げる。たくさんの糸を揃えられているが、見合う色がないときには、手ずから染めるほか、これまでの作業の断ち落としから色を見つけ、解いた糸にアイロンをかけて使うこともあるという。
【住所】東京都新宿区白銀町1-2
【電話】03-5228-0820