かぐらむら

Top > 神楽坂伝統芸能2009 > (01)
今月の特集雅楽から日本舞踊、さらに落語まで伝統芸能が神楽坂で一堂に会する。

神楽坂伝統芸能2009

企画について日置圭子さんに聞く(2)

誰でも参加できるフェスタと真のプロフェッショナルのステージ

photo『日本の伝統芸能絵巻』と並ぶ今回のもう一つの大きな柱は、『神楽坂落語まつり』。たくさんの落語家が出演する。「みんな神楽坂に縁がある方々で、総勢22名です。伝統芸能と並び、神楽坂の魅力である庶民的なまちの良さも出したくて企画しました。今までやってきた毘沙門寄席を結集させるものにもなればうれしいです」。

日置さんは、毎年11月に行われる「まち飛びフェスタ」の実行委員長でもある。神楽坂の魅力と将来の方向性については? 「誰でも楽しく参加できる『まち飛びフェスタ』と、真のプロフェッショナルが魅せる『神楽坂 伝統芸能2009』。この2つは神楽坂の日常にあるもので、こんなまちって、他にない。まちの規模ゆえのライブ感も大きな魅力。ダイレクトに世界に発信するまちになっていけると思います」。