かぐらむら

Top > 記憶の中の神楽坂 > (03)
今月の特集第2部 戦前編

記憶の中の神楽坂

肴町・通寺町

亀十本店/船橋屋

photo亀十本店(神楽坂上/『製菓実験』昭和13年4月号〈国立国会図書館蔵〉)
肴町21番地。現在、ファミリーマートが在る場所(神楽坂6-77)で、大正末から平成の初めまでパンと菓子の店だった。この建物は調和に欠ける面があるものの、大工さんが凝りに凝ってデザインしたものだ。こうした存在感のある建物は、一般のお客さんに人気があるのだという。

船橋屋(通寺町『製菓実験』昭和13年4月号/国立国会図書館蔵)
創業明治3年の和菓子と喫茶の店である。船橋屋本店として相当に繁盛していたことが、3階建ての店舗から伺える。ひさしの上に植木が並べられているのが、いかにも「昔」の風景だ。1階、向かって右の階段(植物の蔭)が、喫茶の入口だったのだろう。春先らしく、桜もち、草もちと大書きされた紙が貼られている。

photo船橋屋は、通寺町67番地にあった。戦後も営業が続けられていたが、今は「FNビル」というオフィスビルになっている。