かぐらむら

Top > 日本ユネスコ協会連盟「未来遺産運動」に登録される > (01)
今月の特集まちの応援団も駆けつけて、第1回未来遺産運動式典を祝う。

日本ユネスコ協会連盟「未来遺産運動」に登録される

つかみどころのない無形の文化の大切さ

福井清一郎[神楽坂通り商店会会長]

式典に登壇する役を頼まれましたけど、何を話したらいいんだろうと悩みました。

今回のテーマである、生物多様性や形の見える文化遺産ならわかりやすいのだけれど、神楽坂の場合は、その対象がわかりにくいのです。京都や奈良のように歴史的建造物があればいいけど、神楽坂は60数年前の戦災で、一度焼け野原になっています。江戸時代からの地割りがそのまま残っているといっても、はっきりとは見えにくいです。

photoだけど、ぜひ一度いらしてください。伝統的な路地界隈に残されている暮らしや生活そのものが、かけがいのないものであって、神楽坂のまちの佇まいや雰囲気を肌で感じてほしいのです。つかみどころのないものですが、その無形の文化や景観を大切に守ってきたことが、今になって大切であると認められたのだと思います。(談)