かぐらむら

Top > 日本ユネスコ協会連盟「未来遺産運動」に登録される > (02)
今月の特集まちの応援団も駆けつけて、第1回未来遺産運動式典を祝う。

日本ユネスコ協会連盟「未来遺産運動」に登録される

「プロジェクト未来遺産」に登録された、神楽坂以外の9カ所をご紹介します。

東日本

photo

久保川イーハトーブ自然再生協議会[岩手県一関市]
久保川イーハトーブ世界自然再生事業
岩手県一関市を流れる久保川流域(=久保川イーハトーブ世界)には、伝統的な里地里山の景観が残り、希少な生物体系が残っています。日本の生物多様性を保全する上で、大変重要性の高いところです。水田や溜池の自然環境を侵略的外来種から守り、エコツーリズムを通して、豊かな生物多様性と里地里山を未来に引き継ぎます。
NPO法人 ウェットランド中池見[福井県敦賀市]
いきもの不思議の国・中池見湿地
世界でも稀な、10万年前の泥炭層から成る中池見湿地。かつては湿地全域で稲作が行われ、それに必要な在来技術や農村慣習がありました。「日本の原風景」は今、開発計画により壊れ始めています。60種のトンボや15種の絶滅危惧植物が生育する場所で「いきもの不思議の国」とも言える豊かな湿地環境。この環境を保全し、自然再生を図るのが目標です。

葵プロジェクト[京都府京都市]
葵プロジェクト
古趣に富み、優雅で名高い「葵祭」。京都三大祭りの最初を飾り、例年5月に執り行われます。「葵祭」では二葉葵の葉っぱを約1万枚も使いますが、環境の変化とともに、葵の自生地が激減。そこで上賀茂神社境内に自生する二葉葵の里親を募り、市民や小学生などによる「葵の森」再生を図っています。このプロジェクトを通して、自然と文化のつながりを感じながら、伝統ある祭事を次世代へ継承します。
財団法人 ならまち振興財団[奈良県奈良市]
ならまちわらべうたフェスタ
『ならまちわらべうたフェスタ』を通して、「ならまち」の歴史や文化が表現された「わらべうた」を継承していきます。「わらべうた」を貴重な無形文化ととらえ、そこに表れる情景や昔懐かしい遊びが体験できるよう工夫しています。大人には懐かしく、子どもには新しいフェスタを続け、地域の活性化もめざします。

NPO法人 自然回復を試みる会・ビオトープ孟子[和歌山県海南市]
孟子不動谷生物多様性活性化プロジェクト
孟子不動谷では、60種ものトンボが飛び交います。この豊かな生物相を残した里山・里地を活用し、保全するのが目標です。雑木林の落ち葉や米糠などで醸成した堆肥は、無農薬水田に利用し、生物多様性の保全につながっています。「薪炭林」の活用と自然農法による稲作を通じ、里山全体を未来へ継承していきます。