かぐらむら

Top > 赤城神社 本殿遷座祭 > (03)
今月の特集平成22年8月22日

赤城神社 本殿遷座祭

末永く鎮守

新しくなる赤城神社

photoこうして「神様のお引っ越し」遷座祭の神事は、執り行われます。

天保の大火(1843年)で消失した後に再建されて以来のことゆえ、神職であってもこの神事にめぐり合う機会は少なく、まして一般の参列者にとっては、次の赤城神社の遷座祭が何百年後に行われるかは、誰も予想できないことであります。

photo平成22年に竣工した、隈研吾氏設計のすがすがしい神殿のなかに鎮座した神様が、これからも末永く、地域の人々の暮らしを見守っていくことでしょう。
写真上:昭和29年の例大祭。「神社神輿渡御」における宮出し後、神楽坂6丁目での先々代宮司風山雄
写真下:昭和33年、神輿担ぎ手の減少により、この年だけ唯一牛車にて渡御を行った