かぐらむら

Top > 「タウン誌カフェ」の可能性と今後の課題 > (01)
今月の特集―被災地の地域情報と連携するカフェ―

「タウン誌カフェ」の可能性と今後の課題

地域に何を伝え、何を分かち合うのか

ギャラリーカフェ パルス

photoいままでタウン誌というと、グルメ情報、歴史・伝統文化、イベント情報、人の紹介などが中心となっていましたが、3・11以降は、自然災害を特集に組むタウン誌が発行されるようになってきました。特集に組まなくても、記事の端々や文章のトーンに、あるいはアトガキに変化の兆しが現れています。

タウン誌の特性が、地域密着型であり、いつでも地域と向き合っているのがタウン誌であるならば、地域が危機に瀕している時に、タウン誌は、地域に何を伝え、何を読者と分かち合えばいいのか。こうした中で取材を続け、発行し続けるタウン誌があることに心を動かされました。

photo