かぐらむら

Top > ぽちぶくろ > 2009年 第6回 神楽坂ぽちぶくろ展

2010年 第7回 神楽坂ぽちぶくろ展

粋なこころと、小さな宇宙

江戸時代から、ほんのこころ付けとして使われてきたぽちぶくろ。小額とはいえ、必ず袋に入れて渡してきた人々の心持ちには、なんともいえない温もりが感じられます。振りかえってみれば、ぽちぶくろは、すばらしい小さな文化です。粋なこころを、思い思いの意匠の小袋に入れて渡す、この楽しくて魅力あふれる様式を、いま一度平成の世で新しく蘇らせたいという思いを込めて、第7回「ぽちぶくろ展」を開催いたします。

東京神楽坂から、金沢へ

いまでは、すっかりパターン化してしまったぽちぶくろも、100年の歴史を振り返ると、その内容は、多種多彩、奇想天外百花繚乱、実にユニークで魅力的なものが数多くあります。これらの作品群は、名こそ残していませんが、江戸から明治、大正、昭和のすぐれたクリエーターたちの技と才気の産物です。それらの先達たちの胸を借りるつもりで、新しい意匠と企画を込めた「ぽちぶくろ展」への作品を募集しています。

今年のテーマは、縁起です

平成16年12月に東京神楽坂で第1回目の「ぽちぶくろ」が開かれてから、川越市や奈良市での展示を経て、今年は縁あって金沢市で7回目が開催されることとなりました。第1回目からのルールは、3点で1作品とすることです。同じサイズの3点で表現を楽しもうというわけです。そして、今年のテーマは「縁起」ものです。自由な発想で思い思いの縁起のよいものを3点セットでぽちぶくろにしてご応募ください。

開催要項

【日時】
2010年12月17日(金)〜2011年1月12日(水)
【場所】
石川県立伝統産業工芸館 1階 企画展示スペース
【東京での応募締め切り】
11月25日(木)
【金沢での締め切り】
2010年11月30日(火)必着
【応募先1】
石川県金沢市兼六町1-1 石川県立伝統産業工芸館
お問い合わせはメールでお願いします
707@nkdinc.co.jp 柳井
【応募先2】
東京都新宿区神楽坂6-66(有)サザンカンパニー
電話番号:03-5227-2772
お問い合わせは電話かメールで
nagaoka@sazan-c.com
北陸3県にお住まいの方は石川県立伝統産業工芸館へご応募ください。直接持ち込み又は郵送にてお送り下さい。送料は応募者負担となります。東京神楽坂では、一部神楽坂のお香の店「椿屋」でも展示いたします。

応募作品の規約とお願い

Image

規格サイズ(別紙)を守ってください3点で1つの作品となるように構成してください。裏面に作者の落款(ハンコ)かサインを入れてください。参加作品には、名前、タイトル、作品の説明(50〜100字程度)を付け、作品は、袋に仕上がった状態でお送りください。応募作品は、原則的にはすべて展示します。応募作品は、当会で保存させていただきますので、返却は原則いたしませんので、複数セットつくられることをおすすめいたします。石川県立伝統産業工芸館へご応募くださった方の作品につきましては、ご希望があれば返却いたしますが、送料は応募者負担とさせていただきます。
2010年10月吉日 神楽坂ぽちぶくろ組合一同
出展作品サイズ規定(PDFファイル)

【連絡先】
宛先:(有)サザンカンパニー 「ぽちぶくろ展」係
住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-66三上ビル8階
電話番号:03-5227-2772
ファックス:03-5227-6750
nagaoka@sazan-c.com